読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お問い合わせについて&プロフィール(一番上固定記事)

雑記

お仕事依頼等、連絡につきましては以下のアドレスに必要事項を明記して送付願います。

アドレス: master★knkawaraya.net (★を@に変更してください。)

 

<必要事項>

①名前

②お問い合わせ事項

③連絡がつくメールアドレス(返信等する際に必要となります。)

④(出来れば)お急ぎであったり、期日等ある場合は、件名にその旨記載して下さい。

 

 <プロフィール>

1995年3月9日生まれ。愛知県在住。
2010年から、インターネットで小説を書き始める。
友人と執筆した「odd」が半年間で1万5000アクセスを叩くヒットを打ち立てる。
その後精力的に活動を続けており、30作以上のアンソロジーに参加している(2016年現在)。
代表作は「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」、「odd」シリーズ、「Eight Million Gods」、「絶望世界の最強機 ~三十五歳、異世界に立つ。~」、「コンパイルキューブ」シリーズ、「ウォーリアーズ・クロニクル」シリーズ等。
2016年現在、「やおよろず」にて文章ライター(運営業務兼務)、ご飯×創作サークル正メンバー。2016年に立ち上がった「宮大工プロジェクト」に参加。
また、2015年度に執筆文字数500万文字を突破。
現在小説家になろう/pixivなどで15作品以上をハイペースに更新中。

<現在の所属>

 ・「やおよろず -日本の神様辞典-」文章ライター、文章リーダー、一部運営業務(2014-)

・ご飯×創作の電子雑誌「companio」連載(2016-)

・宮大工プロジェクト メンバー(2016-)

 ほかにも、まだ発表出来ない企画(水面下で動いてます!)に参加しています。発表出来次第、お知らせします。

続きを読む

「シン・ゴジラ」を見てきました。(ネタバレはあまりない)

映画感想

こんばんは。シン・ゴジラはいいぞ。

 

……そんなテンプレネタはどうだっていいんだ! とにもかくにも、今回はこちら。

 

 

シン・ゴジラ」です。

 

www.shin-godzilla.jp

最初、企画始動時、ぶっちゃけ馬鹿にしてたんですよ。

「そんなことよりエヴァ終わらせろよ!」って。

でも予告とかその他もろもろ見てるうちに…「あれ? 面白いんじゃないか?」って思えてきたので、見てきました。

案の定、面白かったです。

ストーリーは単純でした。

だけれど、この単純さゆえに、のめりこみました。

そのストーリーが単純だったがゆえに、ゴジラの恐怖が伝わったといってもいいでしょう。

 

メインキャストも、素晴らしい人だらけ。

なんというか、特に巨災対の人々は強力な個性を持っていますね! そりゃ、ツイッターに漫画やイラストが上がるわけだ……。

 

音楽にも注目していただきたい。

というか、無音のところが要所要所に見られる。たとえば会議、たとえば衝撃のラスト。

要はそれって「五感の一つを使わないで、残りの五感で感じてほしい」という意味合いが込められていると思うのです。聴覚を使わないなら、なにで映画を楽しめばいいか。それは簡単です。目。視覚になります。もちろん会議シーンは声がありますが、音楽の有り無しじゃ感じ方が違うことでしょう。でも、あの映画の会議シーンは敢えて難しい単語を並べつくした。専門家じゃないとわかんねーよ!ってくらいに。

ゴジラっぽさもある。エヴァっぽさもある。そして、それ以外の新要素もある。

そんな映画だと思います。

 

エヴァの曲が使われてるところが要所有ります。それは複数回使われるのですが、どれもアレンジがかけられています。最初は、アレンジ無し。それが使われる回数を増すにつれアレンジされ、最後の使用場面では「確かにこのBGMだけど、違う何かを感じる」という風に感じました。

 

あと、アメノハバキリとヤシオリ作戦について。これはネタ知らんと解らないなあって思いましたが、これよくよく考えればどちらも「ヤマタノオロチ」に関連するワードなのですよね。ゴジラヤマタノオロチとして表現した、って感じなんでしょうか。まあ、確かにヤシオリというのはヤマタノオロチを酔わせるために使ったお酒のことをいいます。どちらも「行動不能にさせるための切り札」と考えれば共通しているのかも。

 

あとはなんだろう。語りたいことはいろいろとあるんだけど、最後に言いたいことと言えばこれだろうか。

シン・ゴジラ」世界の続きと「エヴァ:Q」世界の続きは共通して一つのテーマ――「復興」というテーマでまとめられると思う。

エヴァ:Qは序・破の14年後の世界で、ニア・サードインパクトによって衰退していった世界をどう復興させていこうか、というのが次のシン・エヴァで語られるのかな……と。

対してシン・ゴジラゴジラによって破壊(まあ、それ以外にもいろいろと…ゴニョゴニョ)された日本をいかに(ゴジラとともに共存・)復興していくかというのが、次のシン・ゴジラ2(があるとすれば……?)で語られるのかな、と。

 

結論から言うと、「シン・エヴァはまだか!?」という感じ。

シン・ゴジラが良かったので、エヴァ完結にもちょっと期待できますね。

 

じゃあのー。

 

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

 

 

「ポケモン・ザ・ムービーXY ボルケニオンと機巧のマギアナ」を見てきました。

映画感想

どうも、こんばんは。かんなぎです。

今回は映画の感想。

表題にもある通り、ポケモン映画です。夏はポケモン!と言いますが、ほんとうに僕にとって夏はポケモンでありまして……映画館で14年連続ポケモン映画を見ています。あ、テレビ含めれば全部見てますよ。

感想ですが、ツイートをまとめる形にしたいなって思います。以下ツイート転記。

(ネタバレ注意!)

続きを読む

お知らせ3点。

お知らせ

おはようございます。かんなぎです。

お知らせ記事を書きたいのですが、いろいろありますので、まとめます。

 

  • やおよろず 文章メンバー募集開始!
    僕も運営で参加している「やおよろず」ですが、文章メンバーを新たに1名募集しております。
    PCにてブログ更新出来る程度のスキルがある方はぜひ!(採用の場合は研修を受けていただくこととなるため、スキルさえあれば問題ありません。また、基本としてSkypeチャットを使用するためSkypeをインストール・使用できるとより良いです)
    詳細は下記リンクをご確認ください。また何か質問等ございましたら@ya_o_yo_ro_zu(やおよろず公式ツイッター)か@natsuki_miko(かんなぎツイッター)へどうぞ。
  • japangod.dip.jp

  • 「カップラーメン小説集2」販売開始!
    2015年8月に刊行した「カップラーメン小説集」第二弾が本日リリースとなります! リンクはAmazonでの販売が確認でき次第貼付いたします。

  • 「カップラーメン小説集」無料キャンペーン開催!
    上記発売を記念して、7月25~27日の3日間、前作の無料キャンペーンを行います。販売リンクは下記からご確認してください。

     

    カップラーメン小説集 (かわらや出版)
     

     

じゃあのー。

「異世界英雄譚」1巻について。

お知らせ

こんばんは。かんなぎです。

異世界英雄譚第1巻について、お知らせいたします。

 
hyoushi01.jpg

書名:異世界で、英雄譚をはじめましょう。①

内容:なろう連載分第1章、第2章(第1話~第44話まで)、Side Story#1「十五グラムの感情」(某アンソロに寄稿しようと思いましたが諦めましたお話です。親殺しのメタモルフォーズに一丁のマシンガンで挑む少女の話です。)

ページ数:272ページ予定

サイズ:A6(文庫本サイズ)

発売日:2016年秋(同人誌版)、2016年11月1日(電子書籍版)

価格:イベント頒布1,000円予定

備考:初回限定特典! 巫夏希オールスターコラボ小説前編(150ページ程度)+ドラゴンメイド喫茶スペシャルエピソード「マキヤソースとおふくろの味」(10ページ程度の掌編)+リュージュが祈祷師になった過去が明かされる短編「稀代の祈祷師、野望と葛藤」(30ページ程度)その他書下ろし短編2本を収録した電子書籍「異世界で、英雄譚をはじめましょう。 ~それから、ちょっとした休息を。~」コード付き!

 

よろしくお願いします。

「odd」に続く物語、この夏開幕。

お知らせ

2016年、odd完結から5年を迎える。

oddを継ぐ二大連載、この夏開幕。

 

 

――今こそ明かされる、もう一つの「知恵と勇気の物語」。

 

 

「知恵の木の伝説 ~odd外伝~」

イルの物語 かわらや書庫にて7月4日スタート!

ルナの物語 Associate!にて7月8日スタート!

 

 

※「知恵の木の伝説 ~odd外伝~」は二人の主人公を基軸に描く物語となっております。そのため、お互いに旅をしてもらいたいことと、この物語を描くためには二話並行連載がベストな形であると考えました。そのため、二つの物語は大きくリンクします。連載としてはルート共通となる序章を7月4日に両ブログに掲載となります。その後、上記記載の日付に1話を掲載し、以後連載していく形となります。

 

じゃあの!

かわらや出版、再始動!

お知らせ

こんばんは、かんなぎです。

かわらや出版、再始動します。

2015年5~10月に全4冊を刊行しましたが、2016年7月8日に復活第1弾(累計5冊目)「カップラーメン小説集2」刊行!

<おしながき>

おっぱいシンドローム

ヤカンマンVS宇宙怪獣ユリーカ

シュレーディンガーのぱんつ

あいつが死んだとわたしは聞いた

機械仕掛けのメイドと孤独の博士

白の少女と死にたがりの男

始まりを見に行こう

派遣料理人の戦場レシピ『ダッカー鶏の丸焼き』

他書下ろし1編予定。

 

続いて、以下のように刊行スケジュールが決定してます!

2016/09 魔王、僕は君の下僕となろう。②

2016/11 異世界で、英雄譚をはじめましょう。①

2016/12 異世界で、英雄譚をはじめましょう。②

2017/01 魔王、僕は君の下僕となろう。③<完>

2017/02 一つの世界の、たった一度の物語

 

以上です。よろしくお願いします!じゃあの!

「はるかなるセカイ」連載開始のお知らせ。

お知らせ

 

 ――彼女はセカイを知り、僕はセカイを失った。

 

 かわらや限定連載「はるかなるセカイ」連載開始のお知らせです。

 連載は七月からを予定しております。ストーリーとしては和風ファンタジー。あるいは、伝奇ものになるのかな? ひょんなことから神と契約することになった女性は、自身の住む町で繰り広げられる『怪異現象』に立ち向かうことになる――。

 ぶっちゃけて言えば、とある作品と陸続きの話になります。ですが、最後までかかわりを持たずに続く予定ですので、あまり読まずとも問題ないかと。

 また決まりましたら、お知らせします!

「やおよろず」のメンバー募集について。

雑記

こんにちは、かんなぎです。

今、ちょっと忙しくてなかなかブログに手が付けられてません。ごめん。いつものポケスペのやつは7日に2か月分まとめてやる予定です。

話変わります。表題の件です。

僕が二年ほど参加していて、運営にも携わっているサークル「やおよろず」が文章メンバーを募集しています。2名ほど。急を要してはいませんが、早い者勝ち……なのは事実といえば事実かもしれません。

japangod.dip.jp

では、簡単に「やおよろず」について説明いたします。

やおよろずは正式名称では、「日本の神様辞典 やおよろず」といいます。名前の通り、日本の神様・妖怪・民間信仰・その他もろもろについて一定のペースで更新するウェブサイトとなっています。

その運営を行う「やおよろず」は現在文章・絵師合わせて28名が参加している、ウェブ上ではそれなりの規模を誇るサークルとなっています。某ネットニュースなどにも取り上げられることもあり、かなり知名度は発足当時に比べれば上がっているものかと思われます。

かといって、知識量がたくさんあることが必須かといわれると、案外そうでもありません。発足当時は学生がそれなりに多かったですし、現在も神社関係者などのいわゆるガチ勢もいることはいますが、ほとんどの方が様々な資料を読み込んで記事執筆にあたっています。

記事の更新ペースは月2~4程度となっており、完成までに文章担当・イラスト担当で綿密な打ち合わせを行います(ネット上・スカイプなどにて)。それにより高いクオリティの記事を維持しているともいえるでしょう。

なお、念のため記載しますが、当サークルはあくまでサークルであり、お仕事によるものではございません(記事執筆ごとに契約・お金が発生するものではないということ)

 

最後に活動概要・募集要項を簡単に転記します。

 

■活動概要
記紀の神様、アイヌの神様、民間信仰、琉球の神様など日本各地の神様を説明する辞典制作。
挿絵と詳しい神様の解説を交えてわかりやすく日本の神様を伝えることを目標にしています。

■募集要項
・民間信仰、日本神話の神様、アイヌ神などに詳しい方、または興味のある方で勉強をしたい方
・文章をかくのが好きな方

 書きたい(興味のある)神様がいるならそれを応募時にいうこともOKです。むしろそれによって選考が有利になるかも…?(ジャンルによっては、その道の専門家がいるとかなり大きいので)

最後に。

当サークルは堅苦しいサークルではありません。みんなでワイワイしながら臨機応変に楽しくサイトの完成度をあげていこう!としているサークルです。アットホームなサークルです。

興味が少しでも出てきたのであれば、Twitter(@ya_o_yo_ro_zu)、上記リンク、または当記事のコメント、かんなぎTwitter(@natsuki_miko)までどうぞ。

 

以上、よろしくお願いします。

 

 

「異世界英雄譚」キャラクターデザイン大公開!

小説

こんにちは! かんなぎです。

今回は、同人誌&電子書籍化を発表しています「異世界英雄譚」の続報でございます。

タイトルにもありますように、キャラクターデザインを公開します。(許可をいただけましたので)

キャラクターデザイン・表紙イラストはササニシキさんが担当しています。やおよろずでもご存じ、僕の作品でいえばドラゴンメイド喫茶の表紙イラストも担当していただいています。

 

前置きはそこらへんにしておいて。

キャラクターデザインどーんと公開! フル、メアリー、ルーシーの順にどどどんと!

f:id:natsumeecho:20160528112633j:plain

f:id:natsumeecho:20160528112701j:plain

f:id:natsumeecho:20160528112705j:plain

 

メアリーからほとばしるヒロインの風格……!

実はメアリーは「New Testament」(これの続編)でもイラスト化されていて、二回目のイラストとなります。

短いですがまずはここまで!

異世界英雄譚同人誌版&電子書籍版第一巻は今年刊行予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ!

じゃあの!

小説家になろうではここからよめるよ!

ncode.syosetu.com

カクヨムではここでよめるよ!

kakuyomu.jp

サイトではここでよめるよ!

blog.knkawaraya.net