読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星が綺麗なこんな夜には。

雑記

どうも、仕事中に「今日から1日ひとネタ記事を書けばいいのでは??と思ったらそんなつまらないことはやめなさい、と脳内に住む天の声に叱られた」ことを想像していたらあっという間に定時を迎えました。かんなぎです。

つまり何が言いたいかというと、ネタがない!!

三日目にしてこれは由々しき事態ですよ。ええ、これはどうにもなりません。

 

 

しるこサンドの話をしましょうか(唐突)

しるこサンド、みなさんご存知ですか?

中部圏にとどまることを知らず、今や関東でも買えます、全国区のお菓子ですぞ。

なんか噂によるとしるこサンドの森があるって聞いたんですよね。一宮だかどっかに。こりゃ行くっきゃないなあ、と思いながらも最近の寒さで外に出かけることすら断念。炬燵に入った猫のように部屋で丸くなってます。

 

f:id:natsumeecho:20170124192716j:image

 

まあ、さっきのしるこサンドの知識、この漫画の受け売りなんですけどね?

八十亀ちゃんはいいぞ。名古屋をまったく知らなかった僕にとってはバイブル(言い過ぎ)みたいなものです。ちんちんとか、〜だで、とさ普通に言うもんね!すげえ、漫画の世界が現実に……(違う)

 

よし、なんとかネタが無かったけど、記事は書けたぞ!

というわけで、ではまた。

You could (not) ”Switch”.

雑記

どうもかんなぎです。

またまた更新してみました。ネタがある限りは続けていきたいなあ……と思いますね。

ところで今日はマイニンテンドーストアのオープンということで、それと同時にニンテンドースイッチなどが予約開始となりましたね。

そんなわけで僕も休み時間にチャレンジ!

その結果は……

 

 

 

 

f:id:natsumeecho:20170123123048p:image

 

だめでした。

やはり手強いですね。ニンテンドースイッチのジョイコンの色が選べたり、カバーケースが手に入ったり、ローンチソフトを予約したらポスターが手に入るというのが大きいですね。

そんなもんで、また夜にチャレンジします!

あなたはスイッチできましたか?

それでは、また! 

amiiboあれこれ。

雑記

どうもかんなぎです。

たまにはブログを書こうと思って、もののためしにiPhoneでブログを書くことにしました。

amiiboについて僕の遊び方を。

そもそも遊び方とはなんじゃらほい、って話ですがamiiboの本来の遊び方はゲームにタッチすればなんか特殊な何かを手に入る系のあれですね。

f:id:natsumeecho:20170122184054j:image

僕が持っているのはシオカラーズamiiboなんですが、ラメ加工とか入っててまあ綺麗です。

ゲームに使うもよし、飾るもよし、

f:id:natsumeecho:20170122184310j:image

よく解らない遊びをするもよし(人形遊びをする21歳男性)、amiiboには無限の可能性を、感じますね!

 

……でもシオカラーズamiiboに対応するソフトをあまり持ち合わせていないのは秘密です。

ポチとヨッシーウールワールドがたしか対応してたはず。うーん、でもスイッチ買うしなあ。悩みどころですね。

それではまた!

 

コミティア119出ます。

お知らせ

こんばんは。かんなぎです。

表題にもある通り、2/12のコミティア119に参加します。

サークルは「み19a」です。入口の真逆側ですね。

頒布物は「異世界英雄譚」1巻とケーキアンソロジー、そして無配ペーパーを予定しております。表紙とか詳細はまた近いうちに。

当日はかんなぎ(@natsuki_miko)と友人の酒田 シンジくん(@NKMR6194)が出ます。宜しくお願い致します。

まだ原稿が終わっていないので、早く終わらせないと…。

それでは!

プラットフォームについて。

雑記

ブログ・サイトではご挨拶が遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。かんなぎです。

 

さて、もう少し前の話なのですが、カクヨムに再登録してドラゴンメイド喫茶を連載しております。

kakuyomu.jp

連載5日でやっとこさ100PVまで持ってこれました。本当にありがとうございます。

なろう版についてはもうすぐ連載から1年半、シーズン3も後半に差し掛かり、アクセスも7万7000アクセス超えということで、本当に有難いことだらけです。

カクヨム版はコンテストに応募しているので、面白いと思った方は☆とか感想とかしていただけると嬉しいです。)

 

さて、今回はプラットフォームについて少しばかり話をしてみようかと。とはいっても、電車のプラットフォームじゃないです。創作のプラットフォームについて、ということですね。

今、僕はオリジナルについては「小説家になろう」、二次創作は「ハーメルン」、それらを合わせたのが「かわらや(サイト)」をメインに活動しております。

ここに新たに「カクヨム」が加わるわけですが…、正直僕個人的にはカクヨムに力を入れるつもりはありません。カクヨムにも投稿はしていくと思いますが、カクヨムオンリーの作品はしばらくは様子見という形にさせてください。

理由は単純明快で…「慣れない」ということが大きいです。カクヨムは正直かなり直感的に投稿できます。もしかしたら、なろうよりもシンプルかもしれません。

ですが、なろうはあまりにも単純すぎるんです。単純すぎるがゆえに、読み専も多いんです。

あとは、最初から持っている読者の差でしょうか。それがあまりにも大きすぎる。たとえば、なろうで1万人読者を持った作品の作者がカクヨムにまったくの新作を投稿すれば、1割の読者が読めば1000アクセスです。どんぶり勘定ですが。

しかし、この20分の1…500人の読者をもった作品の作者が、同じことをすれば? 1割の読者でも50アクセス。しかしながら、実際にはこんな割合は有り得ません。

ドラゴンメイド喫茶は98人のブックマーク、それに対してカクヨム版は4人。つまり、25分の1ということになります。

仮にこれが全部の作品に適用されたところで、そもそもの人気が無ければカクヨムでは勝ち残れない。

だったらカクヨムなんてやめればいいじゃない。

まさにその通り。

けれど、多くの人に読んでもらいたい。僕はその一心で小説を投稿しているのです。

それを「甘ったれるな」と言われても、僕はなろうとサイトをメインのプラットフォームだと思っていますし、現状ではカクヨムを主戦場に選択する気はありません。

 

堅苦しくなっちゃいましたが、今年ものんびりブログを更新していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

それでは。

 

 

追伸;横浜駅SFを買いました。ウェブ版未読なのですが、想像の斜め上を行く硬派なSFの雰囲気がして読むのが楽しみです。

 

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

 

 

運営を辞めた話。

お知らせ

こんばんは。かんなぎです。

Twitterではさっき呟いたのですが、1年間務めた「やおよろず -日本の神様辞典-」の運営を辞めましたので、ブログでもご報告させていただきます。

併せて、やおよろずでの活動についても無期限休止という形をとらせていただいております。

 

表向けに出す内容として、あまり内情をあけっぴろげにするのもよろしくないので、一つだけ簡単にお伝えすると、かなりワンマン運営に近い形でした。

特殊な形だったのでいろいろとお伝えしづらいところもあるのですが、ただ簡単に言ってしまえば今回は僕の精神状態と体力の問題で辞めさせていただいた、というのが現状です。

1年間いろいろとありました。逆に、まだ1年しか経過していないのかという気持ちもあります。あまりにも早すぎてついていけない時もありましたが、何とかついていけるように頑張っていきました。ひどいときは仕事が終わった後に2時間以上ミーティングをしたこともありました。運営だけのミーティングで土曜日の夜が潰れて、執筆がままならない時もありました。辞めていく人たちがツイッターでイキイキしているのを見て「何で僕はこんな目に合わないといけないのか」と自戒する日もありました。

ほんとうに至らぬ運営だったと思っています。ですがなるべくメンバーの皆に長くやおよろずに携わってもらおうと、いろいろ負担を減らしていったつもりです。

それが逆に自分の身体を蝕んでいたなんてことは、簡単な話だったわけですが。

 

今回のことは一週間前から話し合って、漸く昨日許可が下りたことです。運営全員で全会一致といったことです。創作を頑張ってくれ、と有難い言葉をいただきましたので、今日からはやおよろずから少し離れた位置に立って、創作を頑張りたく思いますのでよろしくお願いいたします。

 

2016年12月23日

巫夏希

ポケモンムーンプレイ雑記。①(ストーリー編)

雑記

こんばんは、かんなぎです。

みなさんはポケモン、プレイしてますでしょうか。

僕はダブルパックを購入して、まずはムーンをプレイしております。

進行状況は20時間プレイして、エンディングまであと少しかな?くらい。

雑記を書いていきます。

 

ネタバレ注意!

 

続きを読む

またゲーム実況見始めてる。

雑記

こんばんは。かんなぎです。

最近、またゲーム実況を見始めるようになりました。

ちょっと前はけっこう見ていたんですよね。んで、自立してからプレミアムにして、気づけばチャンネル登録もしているというね…。

最近周回遅れで幕末志士が好きです。

 

www.nicovideo.jp

 

うん…面白いんだわ…。

掛け合いとか、奇声とか。

気づけばチャンネル会員になってて毎週ラジオ聞いてるし、作業中の音源が何もなかったら過去のラジオや実況動画を見るとか…。けっこう好きですね。

最近はMADにも走り出してしまった。

www.nicovideo.jp

 面白いんだわ。

うん、面白いんだわ。

作業用BGMは声なしがいい、って人もいるんだけど、僕は昔から勉強するときとか減光するときとかの作業中はすべてボーカルつきの音楽とか実況動画になるんですよね。科学的にダメとか言うけどそんなことは知らんのだ。

 

さて、サイトの更新についてですが、やっと精神的に落ち着いてきたので、更新をぼちぼち再開したいと思います。カミツキを25日から連載再開予定です。それ以外は月末締めの原稿3本がほぼ手付かずなのでなんとか終わらせてから。それが終われば年内の締め切りはすべて消え去るのでサイトに集中できるはずです。よろしくお願い致します。

明日もブログ更新予定です。内容は完結した「死の花が咲いた日」と、oddシリーズの今後について。予定は未定です。それでは。

高専カンファを見ていて、自分の経験を思い返してみた。

雑記

こんにちは。かんなぎです。

今日はちょっとしたまじめな雑談を。

 

 高専カンファレンスが母校で開催されていたので、Youtube Liveで見ていました。

(同級生も何人か出てました! お疲れ様です!)

さらに、これについて自分の意見。

 これについてもうちょっと掘り下げていこうかな、って思います。

今僕が務めている会社の社員は七割くらいが高専卒です。あとは大卒ですが、殆どが別会社からの出向や移籍なので、まあ、純粋な新入社員は殆どが高専卒ですね。

高専卒の人間は良くも悪くも変態だらけ、というのは「ある技術・カテゴリに特化した」という意味で、決して悪い意味で使っているわけではありません。悪しからず。

高専は特化した技術を学ぶことが出来ます。そして、20歳で就職出来る、と。高卒よりかは知識を持っていて、大卒より早く就職できる(倍率は年によりますが、学生1人に20社くらい。引く手数多、といった感じですね)場所――これが高専だったわけです。

はてさて、どうして自分は就職という道を選んだのか、というわけですが。

研究室の同期はそこそこいいところ(大学)行くって決めてたんですよね。まああれが研究したいあれを勉強したいという思いがあるのかもしれませんが。

僕は、その中で「何かもう研究とか勉強とかしたくないな…」って感じがふつふつとわいてきてしまいまして。

んじゃ、就職だろ、ってなったわけなんですね。高専卒ってけっこう無限の可能性がありまして。大手企業でも高専卒ってとるんですよ。人数は少ないですが。1人とか2人レベルですけど。

そんなもんで、某大手ゲーム企業に応募して企画書を送ったけど…まあ、ダメだったと。かすりもしなかったわけです。

今の会社はそれとはまったく違うわけですけれど、まあいいところなのは事実です。仕事は、もちろん、きついですが。

個人的に高専卒は無限の可能性を秘めていると思います。これは前も言いました。

・若さがある。

・知識がある。

・就職するも進学するも可能性が非常に高いし安易である。

大学に進学するのを目標にして高専に編入する人がいるくらいですから。

もちろん自分が学んだ分野を生かせるところにいけることが必要条件です。でも、工業高校に行くよりかは、高専に行ったほうが有意義な五年間を過ごせると僕は思うわけです。まあ、あくまでも人によりけりですが。

 

で。

 

高専で勉強している学生がこれを見ているとすれば、まあ、一つだけ言いたいのは、「自分の学科での教科は選り好みしない」ということでしょうか。選り好みしちゃうと知識に偏りが出てきます。はっきり言って、これは勿体ないです。社会に出ていつ使うんだよーって思いながらも是非勉強してみてください。そのときは、試験をクリアするために学んだものかもしれませんが、いつか使う時がやってくるかもしれない。或いは困ったときに助けになるかもしれません。覚えておいて、損はないと思います。

それでは。