増刊 かわらや日記

巫夏希の日常

遊ぼう!作ろう!ニンテンドーラボ!

こんばんは、かんなぎです。

今回はニンテンドーラボをダイレクトマーケティングするブログです。一応言っておきますが、何の依頼も受けていない!ただ単に面白いから、みんな遊ぼうぜ!というだけの話です。

 

さて、まずスイッチを持っていない方はスイッチを買いましょう。(断言)

今なら大分安くなってるし、そもそもマイニンテンドーストアで買えばカスタマイズもかなり良いです。マイニンテンドーポイントプログラムに入っておくと、ソフトやハードの購入に応じてポイントが貰えて、そのポイントが1ポイント=1円で使えるのでおすすめ。

store.nintendo.co.jp

 

ニンテンドーラボには、バラエティキットと、ロボットキットがあります。

僕はバラエティキットを購入しました。

段ボールはおおよそ30枚ぐらい入っており、説明書と操作がソフトにて担当している形です。ちなみに1.2GB程度なので、マイニンテンドーストアで売られているダウンロード版(段ボールと番号だけ送られてくる)がおすすめです。ま、本体ストレージが32GBですからね。

そういうわけでリモコンカーを作成しました。しめて30分ぐらいでしたが、まあ、良いでき。僕はけっこうこういうものは苦手なのですが、良いですねえ。何だか、「遊んでるぜ、俺!」って感じがして。

ちなみにいきなり本番ではなく、練習で一個ものを作れます。

その名も「Joy-Con入れ」。

 けっこうかっちょいいでしょ。頑丈なのよ~。

段ボールのくせに?!って思いながらも、センスが良いのも任天堂らしい。

ちなみに完成したモニターカーがこちら。

 Switchモニターについているアンテナは特に意味の無いものですが、インタビューいわく「あれはつけるべきです。意味は無いけど」だそうです。分かってるなあ!

www.nintendo.co.jp

ちなみにリモコンカーは、左右Joy-Conの振動数を変更できたり、IRカメラの画像が見れたり、かなり高性能です。ってかjoy-conすげえ! こんなちっこいのにこんな機能が盛りだくさんで29800円なんですか!?

 真ん中のゴングは時間を計るやつですね。

ちなみに!本文のテキストがどこかスプラトゥーンテイストを感じると思った、そこのあなた、鋭いですね。どうやらソフトリーダーは初代スプラトゥーンのディレクターだった阪口さんらしいです。過去にはニンテンドーランドも作成されてるそうですね。言われてみれば!!

www.nintendo.co.jp

www.nintendo.co.jp

ちなみに社長が訊くは面白いから全部読んでます。岩田さん・・・。

 

というわけで、ニンテンドーラボ楽しいからもっと広まれ!的な記事でした。

ではでは~。

 

 

あ、最近スナックワールドにはまってます。

 

 

10周年。そして1000万字。

こんにちは。かんなぎです。

2018年4月をもちまして、巫夏希が創作活動を始めて10年を迎えることとなりました。最初の数年は別名義での活動だったため、巫夏希としてだとまだ5年ちょっとなのですが、それでも僕が僕として創作を活動してきたのは10年です。

そして、今年中には総生産文字数が1000万字を突破する見込みです。こちらもめでたい。

というわけで簡単に軌跡をば。

2008年~2009年:41万6,660字 累計41万6,600字

2010年:31万5,000字 累計73万1,600字

2011年:50万0,000字 累計123万1,600字

2012年:77万0,000字 累計200万1,600字

2013年:99万6,400字 累計299万8,000字

2014年:153万2,000字 累計453万0,000字

2015年:99万1,000字 累計552万1,000字

2016年:239万4,000字 累計791万5,000字

2017年:105万7,400字 累計897万2,400字

2018年:51万2,200字 累計948万4,600字

残り:51万5,400字

 

今年中に1,000万字突破、頑張ります!!

では。

「僕とゲームの20年」目次

はじめてゲームに触れてから、おおよそ20年が経過しました。

そういうわけで、1998~2018に発売されたタイトル20本のレビューと僕がプレイしていた頃の様子をまとめるレポートを書きます。

是非思い出に懐かしんでください。

 

<目次>

1998:ドラゴンクエストモンスターズテリーのワンダーランドGBC

1999:ポケットモンスター金・銀GBC

2000:怪人ゾナーGBC

2001:うちゅう人田中太郎でRPGツクール2(GBC

2002:ポケットモンスター ルビー・サファイアGBA

2003:カービィのエアライドGC

2004:ポケットモンスター エメラルド&ファイアレッドリーフグリーンGBA

2004特別編:星のカービィ 鏡の大迷宮GBA

2005:ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊(GBA

2006:ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(DS)

2007:ヨッシーアイランドDS(DS)

2008:星のカービィ ウルトラスーパーデラックス(DS)

2009:ポケットモンスター ハートゴールドソウルシルバー(DS)

2009特別編:ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊(DS)

2009特別編2:ゼルダの伝説 大地の汽笛(DS)

2010:ポケットモンスター ブラック・ホワイト(DS)

2010特別編:ゼノブレイドWii

2011:俺の屍を超えていけ(PSP

2012:ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(DS)

2012特別編:とびだせ どうぶつの森3DS

2012特別編2:ファイアーエムブレム 覚醒(3DS

2013:ポケットモンスターX・Y3DS

2013特別編:ドラゴンクエストVII エデンの勇者たち(3DS

2014:ポケットモンスター オメガルビーアルファサファイア3DS

2014特別編:星のカービィ トリプルデラックス(3DS

2014特別編2:進め! キノピオ隊長(WiiU

2015:スプラトゥーンWiiU

2015特別編:ドラゴンクエストVIII3DS

2016:ポケットモンスター サン・ムーン(3DS

2016特別編:ペルソナ5(PS4

2017:多いので下記タイトルをまとめて。全15本。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(Switch)

ゼノブレイド2(Switch)

ドラゴンクエストXI3DS

④ニーアオートマタ(PS4

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(3DS

スプラトゥーン2(Switch)

⑦ARMS(Switch)

⑧GRAVITY DAZE2(PS4

⑨いけにえと雪のセツナ(Switch)

スーパーマリオ オデッセイ(Switch)

⑪深夜廻(PS4

ファイアーエムブレム ヒーローズ(スマートフォン

よるのないくに2(Switch)

⑭レイトン ミステリージャーニー(スマートフォン

⑮祝姫 -祀-(PS4

2018:OPUS 地球計画、OPUS 魂の架け橋(Switch) 

2018特別編:とある魔術の電脳戦機PSVita

2018特別編2:モンスターハンターワールド(PS4

 

随時更新予定!

やって欲しいゲームをレビューするのだ。「OPUS 地球計画」「OPUS 魂の架け橋」

どうも、こんばんは。かんなぎです。

最近ブログ更新していないので、新企画!という感じでブログを更新するのだ。

題して、「やって欲しいゲームをレビューするのだ。」でございます。

 

第一弾は「OPUS 地球計画」と「OPUS 魂の架け橋」

flyhighworks.heteml.jp

flyhighworks.heteml.jp

 

今遊ぶなら1500円でおつりが来るSwitch版がおすすめです。

フライハイワークスさんがローカライズしているので、安心。個人的にはフェアルーンもおすすめですが、それはまたいつか。

 

さて、OPUSシリーズなのですが、シリーズと言っておきつつも、別に物語は繋がっていないので、どちらか片方だけでもプレイは可能です。

OPUS 地球計画は、地球に相似した惑星を探すアドベンチャー

OPUS 魂の架け橋は、宇宙葬を行うためにロケットの材料を探すアドベンチャー

プレイ時間的には、前者が2時間、後者は4時間もあればクリアできるでしょう。ただし後者はやりこみ要素があるので5~6時間は考えた方が良いです。

ですが値段とプレイ時間に比例せず、このゲームは良質なSFゲームであるといえます。

「地球計画」は地球に似た惑星を探すためにロボットが奮闘する話です。

途中、恒星にあわや吸い込まれそうなところでついに地球に一番似た惑星を見つけそこへワープする…というのがストーリーです。

途中で衝撃の事実を目の当たりにしたり、短編SFとしては良質ですよ。

「魂の架け橋」は宇宙に魂を解き放つためにロケットを発射する、いわゆる宇宙葬を行うためにロケットを発射するのが目的です。勿論1回だけでうまく行くわけが無いし、主人公が1日で探査出来る範囲は限られています。そこで様々な材料や道具を駆使して、何とかロケットを発射させるべく部品を集めるのです。

いずれも、お安いので、おすすめですよ。

ちなみにスマホ版もございますが、App内課金有り。(たぶん途中までは遊べて、残りはいくらか払う買い切りだと思います。魂の架け橋はそうですが、地球計画はちょっと分かりません・・・)

OPUS-地球計画

OPUS-地球計画

  • SIGONO INC.
  • ゲーム
  • 無料

 

play.google.com

OPUS: 魂の架け橋

OPUS: 魂の架け橋

  • SIGONO INC.
  • ゲーム
  • 無料

play.google.com

 

手っ取り早くストーリーだけ追いかけたいそこのあなたは、ぱんなぎというもう一人の僕がゲームプレイ動画あげてるから見るのも有りだよ。

 

それでは~。

 

【参考:制作元「Sigono」様の「OPUS 魂の架け橋」紹介ページ】

OPUS 魂の架け橋 — 公式WEBサイト — SIGONO

 

2017年に遊んだゲームをランキングにしてみた(微ネタバレレビュー付)

こんにちは。かんなぎです。

今回は、2017年に遊んだゲームタイトル(全10本)をランキングにしてみたいと思います。

軽いレビューも付けてみるので、興味がある方は是非プレイしてみてください。

 

続きを読む

夢の話。

おはようございます。かんなぎです。

新年一発目の投稿がこんな暗い内容で良いのかと思ってしまいますが、書いておかないとどうにもこうにもならないと思ったので書く次第。

昨年十月より鬱病と診断されて休職中なのですが、寛解する気配があまり見えてこない。

というか、ほんとうに治るのか? 良くなるのか? という不安にすら駆られている。

たぶんそれが一番如実に現れてきているのは、夢。

夢とは脳が記憶を整理するために、基本は支離滅裂な内容となっている。

なので良い夢もあれば、悪い夢もあるのは当然のこと。

しかし、悪夢しか見ないのである。それも、場合によっては連続した悪夢。連続ドラマのような感じだ。悪夢によって目を覚まし、また眠るとその続きから見てしまう。そうなると、実は起きていたこと自体も悪夢なのではないか? と考えてしまうこともあるのだが、それはそれとして。

しかも二回とも、死にかけるのだ。たちの悪いことに、それは僕が夢であると実感している。夢は夢で有り、或いは輪廻転生の概念が夢の世界観の中で成り立っていると僕自身が理解している。

どういうことかというと、一回目の夢は僕が僕として夢の中で登場しているのだが、二回目の夢は僕が誰かの身体の中に入った夢なのだ。僕が――たぶん中学二年生くらいの女子――として活動している。

夢日記、とはあまりつけてはいけないものだと思うのだけれど、でもこうでも書き記しておかないと悪夢の内容が消えないんじゃないかと思って、こうして書き記している。

だからこれは日記じゃなくて、雑記。

でも内容としては、なんか短編小説のような世界観で、ううむなんだか面白い。ラストの理不尽なオチさえなければそのまま短編小説に流用出来そうなくらいだ。

流用したくないので書いてしまうと、真四角な世界が舞台の夢で、少女(となっている僕)は「その真四角の外には何があるのだろう?」と考える。

そうして実際に向かってみると、路地の行き止まりに辿り着き、古ぼけた看板で「先は幸せ」と書かれている。

振り返ると、ぼろぼろの服を着た老人が自転車に乗っていた。

少女=僕は何か知っているのではないかと思い追いかけるが、そこで田んぼに落ち溺れかける。

しかし少女の中に入っている僕ははっきりと僕とした意識を持っていて、「また別の命に生まれ変わるから良いや」ということを抱きながらも助けを待ち、溺れる――というところで目を覚ます。

何かの暗示(水難?)なのかもしれないけれど、正直、悪夢は懲り懲りだ。睡眠薬が無いと楽に寝付けないというのも、困ったモノである。何とか寛解までいきたいところです。

という、とりとめの無い話。それではまた。小説は書いています。次は楽しい話題でお会いできれば幸い。

僕とマリオとキャッピーと。②

こんにちは。かんなぎです。

 

オデッセイ写真まとめ第二弾。コメント付き。

 

f:id:natsumeecho:20171201093732j:image

「いかしたマリオ」

 

f:id:natsumeecho:20171201093755j:image

「ねむーい」

 

f:id:natsumeecho:20171201093812j:image

 「クッパを追いかけ月までも」

 

f:id:natsumeecho:20171201093858j:image

犬「ねーねー、ピーチ姫救わないの?」

 

f:id:natsumeecho:20171201093923j:image

 「配管工がピエロに転職!ひゃっはー!」

 

f:id:natsumeecho:20171201093953j:image

「私が宝です」

 

f:id:natsumeecho:20171201094014j:image

ポリーン 「ねえ、この鞄素敵?」

 

f:id:natsumeecho:20171201094037j:image

「最果ての地のクイズ王」

 

f:id:natsumeecho:20171201094101j:image

「料理は苦手っすな!」

 

f:id:natsumeecho:20171201094124j:image

「この変わった都会にも彼は居るのです。たぶん。」

 

 それでは!

 

 

 

 

【重要】今後の同人活動について

各位

 

お世話になっております。

巫夏希です。

 

今後の同人活動について、ご連絡いたします。

まだ病気が寛解する気配が見えてこないため、下記4点を、とりあえず医師の診断で寛解したと言えるまで継続とさせていただきます。

①11月23日参加予定のコミティア122は欠席します。

②2月イベントについては参加見送りで調整しています。

③②で頒布予定だった異世界英雄譚2巻は2018年夏頒布を目指して作業中です。

④現在参加希望および参加中の企画以外の企画参加は当面見送ります。

 

以上となります。よろしくお願いします。

僕とマリオとキャッピーと①

こんにちは。

マリオオデッセイが、インスタ映えする写真を撮影できるモード「スナップショットモード」を実装していますね!

ただ僕は、インスタをやっていませんので、ブログにて写真と一言を添えて紹介したいな、と思います。

 

f:id:natsumeecho:20171028120143j:image

はじめての写真。

 

f:id:natsumeecho:20171028120233j:image

危ないところも二人なら。

 

 

f:id:natsumeecho:20171028120302j:image

 アッチーニャで歌うのニャ。

 

 

f:id:natsumeecho:20171028120332j:image

海底の最奥部に居たのは、一人の探検家。

 

 

f:id:natsumeecho:20171028120428j:image 

準備万端!

 

f:id:natsumeecho:20171028120446j:image

ひげのおっさん、海へ行く。

 

f:id:natsumeecho:20171028120512j:image

旅の合間のひと時。

 

f:id:natsumeecho:20171028120537j:image

オデッセイ号を彩るステッカーたち。

やっぱりマリオもきちんとしないと。

 

f:id:natsumeecho:20171028120624j:image

いつか絶対、あの場所に行くんだ。

 

 

 

いかがでしたか。

お気に召せばこれ幸い。

 

ちなみに七時間遊んで、ムーンの数は93個。

うーん、大変だ!

 

f:id:natsumeecho:20171028120654j:image

 

休職する話。

こんばんは、かんなぎです。

 

朝、私ごとですが、不穏なツイートをさせていただきましたが……御察しの通り、本日心療内科に行ってきました。

そこで、鬱病と診断されました……。

診断書にでかでかと書かれるとなんか「うわあ……」ってなりますね……。

 

先ずは一ヶ月ほど、休職することとなりました。

今後どうするかは、またゆっくりと決めていきます。

 

事務連絡のみとなりますが、宜しくお願い致します。

 

2017年10月12日

巫夏希