読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハーモニー」を見てきました。

こんばんは、僕です。

今日は映画の感想です。

13日から公開されている「ハーモニー」でございます。

 

言わずと知れた伊藤計劃氏の遺作であります。

実はちょっとギリギリに出発したので、間に合うかどうか怪しかったのですが、なんとか間に合いました。

120分。それなりに長いのですが、「屍者の帝国」を見ていたこともあり期待度は高かったです。

そして、「ハーモニー」は僕の考えていたハードルを軽々と超えていきました。というか、こんな百合百合しい描写って原作に多かったのかなー? と思いました。

ハーモニープログラム。この単語がストーリーの核となります。そしてこれは、現実世界に存在していたら……と思わせるものです。仮にこの世界にハーモニープログラムがあったのならば、きっと戦争や紛争って無かったのかもしれない。

主人公はカリスマにあこがれていた。追いかけていた。だからこそ、ラストであの選択をしたのかなあ……。最後のシーン、BGMがすごいし、実写っぽい何かが出ているけれど、演出としては非常に有りだと思う。

そしてエンドロールとともに流れる主題歌……なんだこれは。素晴らしいぞ。百点満点中百五十点を送りたいレベルです。主題歌のはいったCDは売っているから買いましょう。僕は買いました。

 

リローデッド(初回生産限定盤)(DVD付)

リローデッド(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 虐殺器官の映画も来年公開予定となったらしいですから、とても楽しみですね。

というわけで本日はここまで。

じゃあのー。

 

 

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

 

蘇る伊藤計劃

蘇る伊藤計劃