僕とポケモン。〜金銀編〜

こんばんは。かんなぎです。

 

 

 

はてさて。今回は金銀編です。ナンバリングが無いのでお察しですが、今回は単発。話がうまくまとまれば、そのままルビサファ編に移りたいなって思います。まとまればの話ですが!

ほんとうは映画公開前に「せめてここまでは……!」と思ってましたが、無駄に終わりましたな。スローペースで最後まで書きますのでよろしくお願いします。映画も見たので、その記事もまたいずれ。

 

金銀はゲームボーイとカラー用ソフトとして発売されたのかな。確か。ゲームボーイカラーを持っていましたから、「あの世界が、カラーに!」というのはかなり衝撃的でしたよ。

カラーのソフトが、携帯機でできるってきっとあの当時は衝撃的ではなかったのでしょう。(現にバンダイとか、ワンダースワンで出していたような? この辺りは資料をきちんと読み込めていないのですが……)

 

金銀の舞台はジョウト地方。現実世界のモデルは東海・関西・四国の一部ですね。古風な雰囲気……正確に言えばいろいろ歴史の重みを感じられる地方、それがジョウトなのかな、と思います。

当時僕は金をプレイしていましたが、ルギアが好きでした。

確かアニメのエピソードに、ルギアの親子(当然、ゲームではそんなことありえません)エピソードがあったりして、かなり印象に残っていたんですよね。

にしても、まさかホウオウのアニメ媒体での本格活躍がそれから18年後になるとは……。

 

はてさて。

金銀といえばカントー地方へ行くことが出来る。それも大きな特徴だったかと思います。

僕はあの時痺れましたねえ。26番道路のBGMは未だにナンバーワンです。

「たったいま!きみはカントーちほうへのだいいっぽをふみだした!」

からのイントロは最高です。

 

そういえば今度その感動を味わえるバーチャルコンソールが出ますよ。

9/22だったかな? もちろん買います。買わせていただきます。

 

やっぱりねえ、あのBGMをGBプレイヤー使わずに最新のハードで聴けるってことが素晴らしいのですよ!!

 

……金銀といえば、アニメはオレンジ諸島編のエピソードを挟んでからやってましたね。オレンジ諸島もなかなか好きだったのですが。いつかゲームに逆輸入してもいいのよ?

関西弁の女の子いましたよねえ、エレブースのファン。たしかチコリータを使っていたかな? ケンジからタケシに戻ってカスミは続投、だったような感じだったかと。

ケンジも久々に銀幕に帰ってきましたし(ぶっちゃけ無いと思ってた)、かなり嬉しいですよ。古参の僕としては!

 

なんか金銀に関する話がなかったような?

クリスタルは持ってないんですよね。プレイもできてません。だからクリスタルにバトルタワーがあることも知らなかった! 通信する場合は携帯のやつ(モバイルシステムGB)を使わないといけないとかなんとか……。いやあ、時代ですねえ。いまはWi-Fiさえあれば世界中の人とポケモン交換やバトルができるんですよね。

 

まさに、「かがくのちからってすげー!」だと思います。

 

というわけで今回はお開き。

次回、ルビサファ編でお会いしましょう……!

じゃあのー。